わばなレビュー
ホーム > わばなレビュー

お客さまの声

京都市 レストラン祇園おくむら ご主人 奥村直樹様わばなを見ていると気持ちが安らぐし、
日本人の心に訴える力があると思います。
店で使いやすい、横長の額などを考えていただけるとうれしいです。
HP : http://www.kyoto-okumura.com/gion/

写真上「あぜなるこ」
写真下「はす」

京都市 割烹 緒方 ご主人 緒方俊郎様素敵な絵を有難うございます。
静けさの中から花の動きすら感じる程の存在感に思わず息を止めて見入っております。

写真上「おおやまれんげ」

静岡県 K邸様日本の和花も四季折々沢山咲き私たちを楽しませてくれますが、自分の好きな花をカメラを通して又違った環境にすると、こんなにもやさしく現せるかと驚き、我が家の日本壁にも正にぴったり。来客の目を楽しませて和花の色々に花が咲き大変楽しい時を過ごしています。次には又別の和花を飾って楽しみ自然の素晴らしさと変化させる面白さを堪能させてもらいます。

写真「おきなぐさ」

東京都 アヤ様The “Weeping Cherry” print reminds me of the happy feeling of spring, and “Wind Grasses” sends me a clean and quiet autumn breeze.
The book Wabana is not only beautiful, but also a good text book to learn names of flowers.
(Do you know the recent best seller, Style of Woman?
In that book, knowing the names of flowers is one of the important things.) Aya「しだれざくら」のプリントは、私に春の楽しい感じを思い出させてくれます。「かぜくさ」のプリントは、透き通った静かな秋の風を送ってきてくれます。また、「和花」の本は美しいばかりではなく、花の名前を学ぶのに一番良い本です。
(最近、ベストセラーになった花の名前を知っていることは、女性にとって重要なことであると書いてある”スタイル オヴ ウーマン”/”女性の品格”をご存知ですか?) アヤ

写真上「しだれざくら」
写真下「かぜくさ」

東京都 早坂久美子様我が家では、玄関と1Fの和室に飾ってあります。
来客の方からは、これが写真なのかと驚いていました。絵にしか見えないと、いずれにしても花好きの人、そうでない人からも「素敵ね!花のバックも幻想的ね!」と和花に魅了されていました。
和花の作品は、部屋に馴染んで、いい雰囲気を作り出してくれてると好評です。

写真上「はなにら」
写真下「やまぶき」

東京都 Y邸様一日の終わり。
この『わばな』たちは穏やかな雰囲気の中私にひとときの安息を与えてくれます。

写真左上「おおさくらそう」
写真右上「ほたるぶくろ」
写真左下「すずらん」
写真右下「えんれいそう」

滋賀県 なかの歯科医院様
患者さんA
和花がとても『癒し』を与えてくれます。
背景の色ととてもマッチしていて絵のような、写真の様な不思議な感覚です。素晴らしいです。
患者さんB

(水墨画をやっている患者さん)

水墨画にも通じるところがあって構図も背景も素敵です。いつまでも眺めていたい。横にある句も良いですね。
患者さんC
いつも見慣れたはずの和花ってこうして改めて観ると繊細で良い物ですね。とても癒されますね。
患者さんD
和花の写真集もとても素敵で、是非購入したいです。診療が終わってもずっと観ていました。(30分以上)
なかの歯科医院院長
ゆったりとした、落ち着いた診療を心がけてはいますが、どうしても忙しくてバタバタとしてしまいがちのなかで、
小さくも可憐に花をつけた『しゅうめいぎく』が「自然体でいこうよ」と語りかけてくれます。
少しも気取らず、ありのままの美がそこにあります。
私も、自分にストレスを感じず、患者さんにもストレスをあたえず、自然体で日々の診療を行って行きたいと思いました。

 

写真「しゅうめいぎく」

東京都 A邸様殺風景な玄関を「和花」がやわらかい空気にしてくれています。出勤や帰宅時に目にするだけで、すこし優しい気持ちになれるような気がします。

写真左「ほたるぶくろ」
写真右「けまんそう」

東京都 Y邸様「お花を飾るスペースもなく無機質な玄関でしたが、『和花』を飾ったら落ち着いたやさしい印象になりました。出かけて帰ってくる時にやさしくお出迎えしてくれる感じで気に入ってます。」

写真「しだれざくら」

東京都 M邸様言葉では表現し難い優しく美しい色と繊細な感じの「わばな」、誰が遊びに来ても、必ず目を留めてくれます。
我が家では、リビングの風景の一部となり、リビングをほのかに華やかにしてくれています。
リビングの真ん中で、存在感があるのに主張しすぎない「わばな」の優しさは、日々私の心を静めて和ませてくれます。

写真「むくげ」

埼玉県 関根美江様凛とした花姿に惹かれ購入しました。
写真でありながら日本画のような空気感が漂い、落ち着きのあるところも好きです。玄関先に飾ってありますので、色々な方の目に触れる機会が多いのですが、我が家の顔として優しく迎えてくれています。

写真「てっせん」

東京都 栗原弘己様小学校2年生の時、庭に咲いていた見知らぬ花を学校に持っていき、担任の先生が名前を教えてくれた忘れられない花けまんそう。

写真「けまんそう」

神奈川県 本照寺住職 須藤教裕様「はす」は廊下に飾ってあり、自然と目に入ります。寺なものですから、まさに「まとを得る」とはこのことでしょか。泥の中に在って、美しい花を咲かせる、泥中の蓮華と申します。清楚な中に癒しを含んだ作品と思います。

写真「はす」

東京都 藤原陽一郎 様知人から和花という写真があることを聞いて、気に入りまして購入しました。
現在は自宅のピアノ・ルームに飾ってあります。
家内、子供達のレッスンを横で見ながら疲れを癒していることでしょう。
自分も写真をちょっとやっているので(もちろん趣味ですが)いつかこのような綺麗な写真が撮れたらななど思っております。

写真「しゃが」

東京都 S邸様硬質なコンクリート壁にこの『にわうめ』はあたたかく、
やさしく目に入ってきます。
子供たちも華やかな場でのピアノレッスンをエンジョイしているようです。

写真「にわうめ」

ウースラ様I do love the Rose of Sharon print. It has pride of place in our bedroom. It is not just beautiful, it also radiates a sense of peace and calm- perhaps the essence of what Ikebana is searching for- a sense of complete stillness. Ursula
私は、「むくげ」のプリントが大変好きです。
私の寝室で、誇らし気です。
ただ美しいだけではなく平和と穏やかさ、多分生け花の追求する完璧な静けさを表していると思います。
ジャッキー様“Japanese Windflower” is my favorite of Taka’s Wabana prints. The purity of the single stem floating against the calm blue background gives me a great sense of peace and serenity. It will be perfect on Long Island, our place to chill out and escape the madness of New York City. Jacquie
私は、非常に興奮しました。鷹さんの「和花」の143ページにある「しゅうめいぎく」が好きです。一本の茎が青の背景に浮かんでいる姿は、私に平和を感じさせてくれます。私のニューヨークとの喧騒からはなれたロングアイランドの家が完璧な飾り場所になるでしょう。
ゆうこ様My picture, “Ho-no-ki”, is leaning on the wall in my room now. When I first saw it, I thought I would present it to my close friend, but I haven’t been able to part with it! Yuko
私の「ほおのき」のプリントは私の部屋の壁に寄り掛かっています。
最初にその絵を見た時、私の親しいお友達にあげたいと思いましたが、
手放すことが出来ないでいます。
まさこ様Well, the Wabana print (clematis) is on the wall in the living room above the picture of my late mother. The beautiful print reminds me of her because she used to love this kind of flower very much. Masako
さて「てっせん」のプリントは、居間の壁の亡き母の遺影の上に飾られています。その美しいプリントは野花が大好きだった母のことを想い出させてくれます。
Mary様Taka Kobayashi’s photography and choice of haiku, like judicious mentors, intriguingly touch the spirit, so that upon closing the book after a few pages, or even just one, I feel more aware of nature’s generous subtleties. Thank you again for introducing me to this book. Mary
Carol様“In Beautiful Japanese Flowers the quiet eloquence of Kobayashi’s flower photography blends with the haikus’ imagery to create a book that soothes the spirit.” Carol